スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月2日付 アイマス1時間SS

今週のテーマは「記念日」「剣」「UFO」「肩こり」。
今週は、記念日を使わせていただきました><
詳しくは続きをどうぞ!!
”双海 真美”

昔から、真美達は一緒にだった。
近所の人も、真美達を間違えることがあって、真美達もそれになれていた。

だけど、いつからだろう・・・。
近所の人の、「頑張って」「応援してるよ」の声が亜美にしか向かなくなってしまったのは。
レッスンも、営業も、オーディションも全部、真美達が代わり代わりで受ける。
でも、TVや雑誌に載ったり、人から憧れの目で見られるのはいつも亜美。
真美は収録の時や、雑誌のインタビュー、オーディションの時は、亜美になりきらなければならない。
誰も真美のことを評価してくれない・・・。

学校では真美は亜美のプロデューサー(アシスタント)として、亜美が仕事で休まないといけない時は一緒に休んでいる。
先生達は納得しているけど、クラスの一部の子は、真美がずる休みしてると思っている子がいる。
「双海だけずるいぞー!!」と言われたり、無言の虐めを受けることもあった。
だけど、そういう時は、亜美が
「真美を苛めないで!!真美も亜美と一緒に仕事してるんだから!!苛めないで!!」
と庇ってくれる。
でも、真美はわからなかったんだよ・・・。
亜美がどんな気持ちで、その声を受け、どんな気持ちでそういう苛めから真美を庇ってくれてたのか・・・。


引退から、数ヶ月過ぎた5月。
亜美達はBランクで惜しまれながら引退。本当は、真美も亜美も引退なんてしたくなかったんだけど、事務所のルールだって、兄(c)は言ってたし、仕方が無いことなんだよね。
でも、引退して1ヵ月後には、次のデビューに備えて、真美達のレッスン漬けの日々が始まった。
「今度こそAランクSランクを取るんだ!!」って意気込んで、亜美は練習していたけど、真美は練習の意義を見出せなかった。
だって、真美がどんなに頑張ったって、評価されるのは亜美だけなんだから・・。そりゃ、亜美が評価されるのはうれしいけど、ちょっと切ない・・・。

そんなレッスン漬けの日々から半月、真美達は、社長室に呼ばれた。
「もうすぐ、デビューなのかな!!」「担当は前の兄(c)だといいね→」と亜美と話しながら、社長室に入る。

社長室には、前の担当の兄(c)と社長さんとピヨちゃんがいた。
どうやら、前と担当の兄(c)みたいだ。真美は、少しホッとした。少なくても、真美の悲しみを少しは分かってくれる人が、プロデューサーになってくれるのだから。

「さて、亜美君、真美君。君たちも中学生になったねぇ」

社長さんが切り出す。
そう、真美達は、4月に中学生になった。
制服はまだぶかぶかだけど、兄(c)に見せたら「3年後には丁度いい大きさになるよ」と優しく言ってくれた。ほんとなのかな・・・。

「それで、去年、1年間のアイドル活動、そして、体力的にも大丈夫と判断して、亜美君・真美君の二人でデュオを組んでデビューをと、小鳥君、プロデューサー君と話していたんだが、亜美君、真美君、君達はどうしたい?」

そう、社長さんは言った。

「も、勿論、真美と一緒に頑張って行けるなら、Aランクだって、Sランクだって行けるし、真美と芸能界一緒に楽しめるなら、亜美はいいよ→」亜美は、すぐ、そう答えた。

真美は正直迷っていた。デビューは、したい。でも、真美がデビューするっていうことは、亜美と双子ということを世間に公表すること・・・。亜美の評判が下がってしまうかもしれない。

「真美君。なにを迷っているのかね?」

社長さんが尋ねてくる。

(だって、社長さん。真美がデビューするっていうことは、真美達が双子だって公表するってことでしょ?そんなの、簡単に決められないよ・・・。)真美は心の中でそう思った。

「真美。なんで迷ってたの?真美らしくないよ!!もし、真美が亜美の評判のこと気にしてるなら、二人のパワーでそれ以上に上げればいいんだよ!!真美も一緒に楽しもうよ!!」

亜美はそう私を励ましてくれた。さすが双子だけあって、思っていることは一緒のようだ・・・。

「それにね・・・。亜美本当は凄く悲しかったんだ。いつも、ステージに上がったりTVに映るのは、亜美ばっかり。真美の分も亜美が頑張らないといけないって、心に決めてたんだよ?これからは嬉しい事も、悲しいことも、昔のように2人で分かち合えるよ?だから、二人でガンバロ?」

真美が真美で苦しんでいるように、亜美は亜美は苦しんでいたようでびっくりした。

「うん、亜美!!これからは一緒に頑張ろ!!」

そう、真美は返せたのか、分からない。涙で前が見えない。そんな状態だったんだから。

「話はまとまったみたいだね!!デビューの会見は5月22日!!音無君いい会場を押さえておいてくれたまえよ!!」

社長さんは、そう言い、ピヨちゃんは、慌てて会場を取る電話をしに事務室に駆けていく。ピヨちゃん・・・。もしかして、まだやってなかったの?

「亜美、真美。5月22日は本当のお前達の誕生日だ!!ちゃんとやれよ?この日を、ファンの皆が忘れられないぐらいの記念日にしてやるんだ!!」兄(C)はそういった。

5月22日、双海亜美・真美のよる、デュオ「ツイン・シー」の結成記者会見が行われ、その日、新しいアイドル「双海真美」の誕生日となった。
元々の亜美のファンの兄(c)姉(c)も快く、真美の存在を受け入れてくれて、学校で、苛められることもなくなった。


真美は、亜美と一緒にこのアイドル界を歩んでいく。新しく生まれた「双海真美」の名前で・・・。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

な~が~い~Ot2
しかも記念日っていうのが誕生日という考えで言ったが・・・。大丈夫なのかこれ・・・。
これ実はアトガキがあったりします。
亜美真美のデュオいつかプロデュースしたいZE!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

良牙

Author:良牙
FC2ブログへようこそ!

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。